債務整理をしたい場合はどうしたら良いの?

今の時代、手軽に簡単にカードローンなどでお金を借りることができて、しかし金利を甘く見ていて返済が滞ってしまったということがよくあります。

借りたら返すが当たり前ですが、返済によって日常生活がまともに送れなくなっては意味がありません。そうなってしまった時は、早めに法律事務所に行って弁護士に債務整理の相談をすることがおすすめです。

債務整理というと自己破産と想像されるかもしれませんが、他にも方法があって、その人に合ったものを提案してくれるので、その点は安心してください。

まずは過払い金があればその請求を、そして任意整理や個人再生など、その人の状況にもっとも相応しい方法を教えてくれるので、メリットとデメリットを考えて決断すればいいでしょう。

借金は放っておいてもなくならない、むしろ利息が増えていくだけで大変なことになってしまいます。

それゆえ、返済が難しいと思った時には、専門家に相談して然るべき手段を取ってもらうことが大切です。

債務整理をしたら一生クレジットカードは作れなくなるの?

一度でも債務整理をしてしまったら、クレジットカードを作れることはできなくなるのでしょうか?

答えはノーで、条件を満たすことによってクレジットカードだけでなく、住宅ローンやカードローンの契約もすることができます。

ポイントとなるのは信用情報機関に登録されている情報で、そこには債務整理を行ったという事実が一定期間の間残るようになっています。その登録機関は7年と言われており、記載されている情報が消えることで新たにローンを組めるようになります。

公的な信用情報機関は3社存在しますが、各金融業者は複数の信用情報機関に登録されている情報を元に審査を行っているため、どうしても網目をかいくぐることはできなくなっています。

そのため、最低でも7年が経過するまで辛抱強く待つほかないというのが現状となっています。

とはいえ債務整理後でもクレジットカードを作ることはできるため、そのあたりは安心して良い部分です。

7年たっても解消されないことはありますが、その都度開示請求を行ってどのような情報が登録されているかを確認できるため、定期的に情報開示をして現状を知ることも大切なことと言えます。