借金を整理するにはどんな方法がある?

個人が借金を整理するための方法で代表的なのが、任意整理と自己破産です。任意整理というのは、お金を貸している人とお金を借りている人の両者が任意で話し合いをして、利息等の減額をすることです。

借金が大きくなってしまうと、利息の額もそれに比例して増えていきます。利息が返済可能額を越えてしまうと、どれだけ頑張っても延々と利息を支払い続けなければならない状況に陥ってしまうわけです。

そうした状況が続けば社会的にも損害が大きいために、話し合いをして利息を減額するなどの措置が取られます。ただ、これは任意なのでもちろん絶対に応じなければならないものではありません。

自己破産というのは、裁判所に申請をして利息はもちろん元本も全額免除してもらう方法です。預金やマイホームがあれば、それらをすべて処分して債務の弁済に充ててからでないと許可が下りません。

非常に強力な手段なので、借金の免除をしてもらう側に相応のデメリットが与えられます。

破産をするにも条件があるって本当?

自己破産を行う際には、同時に免責を受ける必要があります。破産自体に借金返済の免除は含まれておらず、あくまでも免責を裁判所から受けることで初めて返済が免除されます。

債権者に迷惑をかけて借金の免責を行うわけですから、ギャンブル・風俗・浪費・犯罪により作った借金については救済する必要が認められないため、免責が下りません。

このため、条件として上記のような場合を除く必要があり、やむを得ない理由により作ってしまった借金であることを認められないといけないわけです。

したがって、自己破産できない人は自らのギャンブル・風俗・度を超えた浪費・犯罪など救済に値しない原因から発生させた借金がある人ということになります。

また、資産がある人は処分されてしまうことから、別の債務整理方法である民事再生などを利用することになります。あくまでも土地や車などの資産が無いまたは手放しても構わないという方が利用する制度のため、資産がある人は利用できないわけです。