債務整理をすることのメリット

債務整理のメリット
magnifying glass sitting at desk isolated on office grey wall background. Human face expression, body language, attitude, body language

クレジットカードによるキャッシングは誰でも手軽に現金を手にすることができる方法ですが、借りたら当然利息が付きますし、そして期限までに元金と合わせて返済しなければなりません。

借りる時はあまり気にすることのない金利ですが、額が大きくなればなるほど重くのしかかってきて、返済が大変になってしまいます。

そして借りては返しを繰り返し、別のカードローンで返済のためのお金を借り、最後には追い詰められてしまう...。

金額の大小はあるかもしれませんが、多重債務で苦しんでいる人はほぼ同じ道を辿っていきます。ですので、そうなる前に法律の専門家に一度相談するようにしましょう。

借金で返済に困った場合は、自分自身の返済能力にあった債務整理の方法を勧められます。これは法的な手続きによって借金の額を減らして、重たい金利の負担をなくすることができる、債務者を救済するための手段です。

債務整理には自己破産をはじめとして、任意整理や個人再生などさまざまな方法があって、それぞれメリットとデメリットがあります。

いずれも、一定の期間はローンを組めなくなったりクレジットカードを作れなくなったりするデメリットはありますが、返済の猶予や場合によっては元金の減額、金利の免除、自宅や職場への督促の中断など、はるかにメリットの方が大きいと言えるので、ギリギリまで追い詰められる前に勇気を出して弁護士事務所などに一度相談してみることをおすすめします。

任意整理とはどのようなものなの?

では、先ほど取り上げた任意整理について少し説明したいと思います。

任意整理とは、消費者金融やクレジットカード会社などから借金を行っている人が、返済が滞りこのままでは破産しか道がなくなりそうという事態に陥る前に、金融会社と減額交渉することにより、借金の返済額を和解により減らす方法です。

個人が特定調停を裁判所に求めることにより、金融会社と和解交渉を経て和解に至るという方法がありますが、個人が行った場合には法律知識と和解交渉経験が豊富な金融会社の言いなりになりやすいため、なにかと不利になりやすいというのが現状です。

そのため、弁護士や司法書士に依頼して、任意整理を前提とした和解交渉を行う方法が一般的です。

専門家が間に入ることで、法律や和解交渉について同じ土俵で交渉することが出来るようになるため、依頼者にとって不利にならない交渉を進めることができるようになります。

具体的な内容としては、以後の金利をゼロにした上で実際に支払える金額を分割で支払うという、現実的な和解案を交渉により導き出します。

任意整理はあくまでも和解を成立させる必要があるため、決裂した際には別の債務整理である民事再生や自己破産を選択する形になります。

金融会社としては自己破産されてしまうと貸したお金が回収不能となるため、最初は交渉が難航したとしても最終的には和解交渉に応じることが多いので、諦めずに弁護士と二人三脚で和解交渉を進めていきましょう。