自己破産をすると家族に迷惑が掛かる?

自己破産を考える段階になった時、最初に気になるのは家族に迷惑がかかってしまったらどうしよう...ということではないでしょうか?

自己破産をする際には必ず免責決定が降りるように申請を行いますから、免責決定が下りた段階で本人についての支払い免除されます。

ただ、あくまでも支払いが免除されるだけであり、債務自体は残るため債権者は支払いを本人以外の人が設定されている場合にはその人に返済を求めることになります。

家族が本人の借金の保証人となっていた場合には、家族に債権者から直接請求が行くことになるため迷惑がかかってしまいます。本人同様に返済が難しい場合には、本人と同時に保証人となっている家族も自己破産申請を行う必要があります。

債権者は、本人が返済出来ない場合には、保証人に返済を求めることが出来るからです。無担保無保証にて借りていた場合には、本人が破産免責を受けた段階で債権者は請求先を失うことになります。

ですので、自己破産の申請を準備している段階で、念の為に契約内容の確認を行うと良いです。司法書士や弁護士へ依頼すると、確認事項のチェックリストに大抵質問がありますから、その段階で気づくわけです。

債務整理をすると会社や家族にばれてしまう?

では、今度は別の視点で見て行くことにします。

債務整理をすると、会社や家族にばれてしまうのでしょうか?自分一人だけで、誰にもばれずにひっそりと債務整理をすることはできないのでしょうか?

この問題については、債務整理には複数の方法があるため、方法を選ぶことと司法書士や弁護士に依頼する際に会社や家族に秘密にしたいという旨を伝えて対応してもらうことで、ある程度は回避できます。

個人で手続きを行う場合には、債権者とのやりとりが頻繁に発生することから、電話や書面などを見られてしまい、その結果ばれてしまうことがあります。

司法書士や弁護士へ依頼することで、債権者には受任通知が送られます。受任通知を受け取った債権者は債務者である個人に督促が出来なくなることから、会社や家族にはその時点でばれてしまうリスクは低くなります。

また、債務整理を行う際には、任意整理、個人再生、民事再生、自己破産と複数の方法があります。借金の原因や金額、返済能力の有無、自己所有財産があるかどうかにより、どの方法をとるかが異なります。

持ち家の人が自己破産を行うと、自宅が処分されてしまうために住所が変わることになるため、家族にばれてしまう可能性はかなり高くなってしまいます。

ですので、家族や会社にできるだけばれないように債務整理をしたいなら、専門の弁護士に依頼して相談しながら、慎重に、最適な債務整理方法を選択するようにしましょう。